印鑑の種類にあるゴム印を作りにあたって

印鑑には様々な種類がありますが、新しく事業を始めた時などに企業などが利用することが多いゴム印の購入を検討する方もいるでしょう。作成することで文字を印刷する必要がなくなったり、作業効率が上がったりなどメリットはいくつかあります。特に企業において作業効率は重要です。ですが、ただゴム印と言っても、作成する時にはある程度の知識は必要になるので、まずは注文する時に確認したいポイントについて説明します。

まず確認したいポイントとしては全体の印面のサイズです。ゴム印は通常の印鑑とは違って印面のサイズが幅広く設定することができます。実際に入れる文字も用途によって長かったり短かったりするのでそれによって大きさは変わります。そして、捺印場所によって、はみ出すことがないように印面の大きさも考える必要があります。失敗しないためにも購入する前には確認をしましょう。

続いて重要なのが、縦書きにするか横書きにするかです。ゴム印は縦型や横型を選択することができるので、これに関しても事前に決めることが大切です。印鑑を押す場所によってどちらがバランスが良いのか分かるでしょうから、押す場面を確認しながら選ぶようにするといいでしょう。

また書体についての確認も必要です。現在では何種類もの書体があり、自由に選択することができますが、ゴム印を押す場所によって他に書かれている書体とのバランスを考慮する必要があります。例えば、明朝体を多く使用しているものでしたら使うゴム印の書体も明朝体にするなどということです。

「関連サイト」明朝系からゴシック系まで書体が豊富な印鑑通販サイト~いいはんこやどっとこむ~はこちら

Pocket